戦略人事を実現して強い組織をつくるために
ロゴ

戦略人事のサポートサービスを使って安定した経営を目指す

戦略人事を実現して強い組織をつくるために

オフィス

適材適所

人材マネジメントは企業にとって必要不可欠なテーマです。最近では、人材マネジメントと、経営戦略をうまく組み合わせてその効果をより発揮させようとする動きが活発化しています。そうした取り組みは戦略人事と呼ばれ、大手企業をはじめいろいろな現場で採用されています。優秀な人材を自社で能力を思う存分開花させることができるために、適材適所の環境づくりを進めていく必要があるでしょう。

調査サポート

安定した経営を維持するためには、強い組織づくりが欠かせません。そうした組織をつくるために有効なサービスも続々登場しています。普段は見えにくい従業員の意識を数値化することで、組織再編や経営戦略など戦略人事に活かすことができます。こうした調査を専門にしている組織診断の業者がありますので、積極的に活用していきたいとことです。実際に調査を依頼している大手企業では、その効果を実感しているといいます。データをどのように活かしていけば調査後もサポートをしてくれるところが安心です。的確なアドバイスを受けながら、理想の組織づくりを進めていきましょう。

比較検討

戦略人事に活用できるサポートを提供する会社を利用する前には、同業者内でサービスの比較検討をすることをおすすめします。料金やサポート内容も変わってきますので、まずは担当者にアポイントメントをとって見積もりなどを発注の上、相談していくといいです。また、実際にサポートしている顧客についてどのような企業が多いのか傾向を探ることも参考になります。ホームページなどに事例が紹介されているケースもありますので、チェックしてみるといいでしょう。

組織を変えるための有効な手段

  • 組織診断サービスを活用する
  • 専用ツールを導入する
  • 古い体制と決別して新しい組織改革に取り組む
  • 見える化を推進する
  • 従業員満足度を上げる
  • 働き方を多様化する
  • 適切な人材配置
  • 評価制度の見直し
  • モチベーションアップのための施策
  • 採用方法の見直し

組織診断の調査機関に依頼して良かったことベスト5

no.1

やるべきことが明確になった

データとして数値化されるため、問題点がわかりやすく、どのように改善するべきか方向性が明確になります。共通の目標を共有しやすくなります。

no.2

意思疎通がスムーズに

社員の考えていることや考えていることが客観的に判別でき、そうしたデータを踏まえた上でコミュニケーションができるので、問題を改善することができます。

no.3

状況把握ができた

なかなか届きにい本音の部分をリサーチすることができるため、個人はもちろん、組織としての弱点も浮き彫りになってきます。そうした状況を把握することがまずは重要です。

no.4

事業拡大に貢献した

データを活かして戦略人事を実現していくことで、売り上げ貢献にも繋がります。新規事業へのアプローチも無理なく進めていけるようになるようです。

no.5

他社との比較ができる

多くの業者を顧客に持つ調査機関を利用すればデータベースは膨大です。競合他社との比較においても意味があります。